家族葬の精進落としの席で音頭をとるメリットとデメリット

家族葬の精進落としの席で音頭をとると、成功すれば褒められる、失敗しても文句を言われないなどのメリットが期待できます。見事と受け止められる内容だった際は、親戚達が褒めてくれます。大成功だったなと家族にも言われるので、思わず照れてしまうかもしれないです。また、家族葬で参加者一同はほぼ疲れているので、失敗しても大丈夫な可能性が高いです。なので、失敗を恐れずに音頭をとることができます。ただ、内容によっては、お酒を飲みながら何か言われるので注意です。
デメリットは発言した内容を録音されることがある、笑いのネタにされてしまうなどです。何らかの端末を用いて、音頭をとる際の言葉を録音されることがあります。ただ、使われる用途は悪ふざけが目的なため、気にしなくても大丈夫です。また、失敗するとしばらくの間、笑いのネタになってしまいます。成功させるには特に難しい言語を用いず、簡潔に終わらせるようにすれば無難な結果につながりやすいです。