投稿日:

親の葬儀の告別式のスピーチで失敗すると

親の葬儀の告別式のスピーチで失敗すると、家族が手助けしてくれるはずです。代わって何らかのスピーチをするか、または頑張れと励ましてくれる可能性が高いです。そのおかげで自然と手に力が戻ってきて、理性的な行動ができるようになり、自然と言葉が飛び出してくると想定されます。葬儀が終了した後は、後日でいいのでお礼返しとしてご飯をおごってあげるといいです。
親しく接している親戚は、親族が困っていると判断した時は、助け舟を出してくれてもおかしくないです。言葉に詰まったか頭にスピーチの内容が浮かばないと判断される時は、子供の頃の思い出を話したらいいと教えてくれます。すると、何を話せばいいのかをすぐに理解できるようになるので、言葉が流れるように口から出てきます。スピーチを終えた後は、助けてくれた親戚のほうに向き直って、深くお辞儀をすれば好感を持たれます。九死に一生を得たような状態なので、商品券かギフト券を後でプレゼントすると良いです。