投稿日:

家族葬でも制度の活用はできるの?

各自治体によっては葬儀を執り行った人に対し葬儀の援助金を申請により渡していることがあります。金額は一律に決まってはいませんが、数万円程度ということが多いようです。こういった援助制度が使えれば有難いですよね。なぜなら葬式にはどうしてもたくさんのお金が必要になるからです。
それは家族葬という小さな規模のお葬式でも同じです。大きな会場を借りて行う大規模なお葬式よりも費用負担を抑えることができるとはいえ、ゼロにすることは難しいです。お葬式だけでなく、故人が亡くなるまでに入院していれば入院費用の請求が来ることもありますし、規模の小さいお葬式でも物入りであることに変わりはありません。やはりいくらかはお金が必要になります。
家族葬というと特殊なお葬式の形だと考える方もいるかもしれません。しかし家族葬は家族などのごく親しい人たちが小さな会場で行う規模の小さなお葬式を指すので、別に特殊なお葬式というわけではありません。家族葬でも自治体で葬儀の援助金を行っていれば問題なく活用することができます。自治体の窓口で申請の仕方なども含めて確認しておくと安心です。