葬式に行くにも服装に注意が必要

葬式に行くとなった場合には、言葉遣いや身のこなし方などたくさんのマナーがあります。親や上司など誰かについていくだけであっても服装におけるマナーもあるので、その場にいるだけでもマナー違反となることがあります。
葬式に参列する時には、普段の格好とは違った葬式用の服装をしなければなりません。男性の場合には、普段仕事で黒のスーツを着ているという人であっても、仕事帰りにそのままの格好で行くわけにもいきません。葬式には黒のスーツは男性にとって正しい服装ではあるのですが、黒であっても喪服としてマットな黒のスーツが好ましいものです。また、ネクタイは黒を用意して、シャツはカラーシャツは避けて白にします。シャツはネクタイをすればほんの一部分しか見えないことにはなるのですが、白シャツであっても柄の入っていない無地を選ぶ必要があります。足元は黒の革靴を履きますが、光沢のあるものや柄の入ったものも避けなければなりません。

女性であれば外出をするときにはいつでもおしゃれをしたいものではありますが、葬式の場ではおしゃれは必要がありません。故人の遺族に対して失礼がないように、流行おくれのデザインであってもマナーを優先する必要があります。
葬式に行くときの女性の服装としては、ワンピースにジャケットがセットになった喪服というのが一般的です。深みのある黒い色というのも普段使いのできない喪服ならではの生地であり、光るものや派手なものを避けることからボタンであってもプラスチックなどの素材の光沢を抑えるために共布で覆われているクルミボタンが使われてることも多いものです。装飾となればリボン程度であり、それもふくらみの少ない細めで上品なリボンが使用されています。喪服に合わせてストッキングも黒にしますが、タイツのような厚手のものではなく、肌が透けるような薄い色の黒ストッキングを合わせます。

<PR>生命保険の口コミ.COM / 生命保険の選び方 / 工務店向け集客ノウハウ / 英語上達の秘訣 / 英語上達の秘訣 / クレジットカードの即日発行じゃけん / 貯蓄 / 内職 アルバイト / GetMoney / 家計見直しクラブ / ショッピングカート / 女性の人生 / オーディオ / 初値予想 / 童話